December 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Clock

My Photo

Recent Trackbacks

Amazonお気に入り

My Favorite Goods

お薦めリンク

  • CGI版「聖ヨゼフへの射祷」入り口
  • 法令第1条!
    かねがね、法律系のブログを始めたいと思っていましたが、まずは、無理なく、各法令の目的が規定されていることの多い第1条をアタック!するブログを作ってみました。
  • Puppy under the Table - Vase Spirituale Annex - Raphaella's Diary
    私がGoogle系の「Blogger」サービスで書き始めて止めていた英語のブログです。トラックバック機能等が無く、使いにくかったので、ココログに引越しして来ました。でも、英語オンリーのOSからだと、文字化けしちゃいますよね~
  • U.S. Catholic Bishops - New American Bible
    全米カトリック司教協議会のサイトです。本日の聖書朗読箇所(英文)がカレンダーから検索できます。
  • and every eye shall see him
    海外のプロテスタント(セブンスデー・アドヴェンティスト派)のサイト「Bibleinfo.com」提供の作品でキリストの再臨と空中携挙を前面に押し出した内容ですが、アニメーションが秀逸です。泣けます!
    *註「携挙」 rapture。上記アニメは艱難後携挙説?に立つもののようですが、艱難前携挙説を採るプロテスタント・リバイバル派の方による「携挙」の説明はコチラ。カトリックの教義では、携挙がいつ・あるのか・ないのか、ちょっとはっきりしません。そんなことより、いつ主の再臨があってもいいように、いつも準備していることの方が大切だからでしょうか。
  • カトリックリンク集
    だいぶ更新が遅れていて、リンク切れも残っていますが、使える分だけでも提供したいと思います。何か、有用な情報がありましたら、作者(raphaella_@peace.nifty.jp)までご一報下さい。 (スパム防止の為、メアドを改変して公開しています。メールの際は、@の前のアンダーバー「_」を削除してください)
  • 聖務日課表示システム
    まだまだ不完全ですが、聖務日課(=「教会の祈り」)のペースメーカーに、どうぞ。デジタル時計付き(^_^;)

お気に入りブログ

  • ARCHIVES PINK MOZART

    PINK MOZARTがクラシックの名曲をDTMでユーモラス&ちょっとキッチュに、でも極めて優雅に調理したMP3FREE DOWNLOADサイト。RAVEL・DEBUSSY・SATIEなどフランス近代音楽中心のプログラムですがチャイコフスキーの弦楽セレナーデなどの泰西名曲も順次追加してゆきます。 PINK MOZART'S free mp3 Archives; Contents are mainly from LA MUSIQUE FRANCAISE MODERNE. with lot of wits, a bit of Kitschy, but Gracefully DTM processed mp3s by PINK MOZART.
  • ゆらりんさんの覆面時評

    主に映画やファッションサイトについての情報がメインのブログ
  • マジス(MAGIS)

    カトリック系ミッションスクールで教員をされていらっしゃるctさんのブログです。カトリック学校の使命についての論文も掲載されています。是非、お読みになって、共に福音宣教について祈り考えませんか?
  • アルツハイム

    「excite cinema」の謎のアニメのブログ
  • お礼状ブログ【運が開けるお礼状・大人のコミュニケーション塾 】

    ビジネスやお付き合いで不可欠なお礼状。最近では、メールでのお礼が多くなりましたが、それでも、手紙などのお礼状も良さも捨てがたい。 もらった人に 気持ちが上手く伝わるお礼状がテーマ。
  • フランス落書き帳

    フランス発信最近感じたこと、思ったこと、考えたこと、好きな音楽のことを日々綴る落書き帳 by hiraidenaoya
  • だめ夫タ診断士の日記/ウェブリブログ

    嫁さんをほったらかして、格ゲーを作りながら、中小企業診断士になった だめ夫タ診断士の日記です。
  • いなぽんの南カリフォルニア日記

    いなぽんこと、稲森謙太郎です。寂しい30代半ばの独身オジサンです。
  • 本の林に月の船

    本と映画とゲームと猫と。(ついでに仕事)
  • 手帳術の本棚

    手帳術に関する本を紹介していきます。
  • Art Grey

    生まれながらの鬱気質と医者による自律神経失調症診断という免罪符を手に、日々是優雅に怠けた生活を満喫している史上最低のクソ女房で御座います。

現代社会と霊性

July 07, 2010

その後…

最近はTwitter( http://twitter.com/fruicci/ )で呟いておけば自動的にGREEの「ひとこと」やmixiの「ボイス」に投稿されるので、毎日忙しくお返事など書いているうちに、ひとしきりお喋りをし尽くしてしまった感があったのですが、ただココログ「霊妙なる器」だけは違っていました。
サイドバーのTwitterガジェット?アプリ?が、いつからか、うまく表示できなくなっていて、「連動」?されなくなっているのを忘れていました。
(先ほど、連動設定を済ませたので、これからはTwitterで呟いたものが、即、ココログにも反映されます…;
それはそれで、使い分け等考えると不本意なこともあるのですが…)

で、いよいよ危ないとの入院先の病院から連絡を受けていた父ですが、翌日、肺炎発症から9日の、2010年5月26日(水)午前9時34分、帰天いたしました。
父は信者ではなく、私の所属教会も自宅からは遠い(しかも教区が違う)為、神父様に来ていただくのも…と逡巡していましたが、神父様と相談の結果、毎日の朝ミサの中で祈りを捧げて下さることをお約束下さいましたのと、亡くなった直後の土曜日(土曜日は聖母マリア様の曜日です)、5月29日午後2時より父の為に特別に葬儀のおミサを挙げて下さることになり、信者は私一人ですので親族からは私だけの参列となりましたが、教会にいらしていた多くの方のご参加も戴き、信者ではない父には何だかもったいないようなおミサとなりました。

アメリカではとっくに夏休みシーズンに入っていた関係で飛行機の予約が取れないでいる妹の帰国を待って、告別と火葬は1週間後の6月2日(水)午前11時から、ごくごく身内のみで無宗教の「家族葬」で済ませ、 7人兄弟の真ん中で付き合いの無い実家にお墓もある訳も無く、今、遺骨は自宅に拵えた祭壇に安置され、毎日、語りかけ、冥福を祈り、聖母マリア様におとりなしをお願いしています。

うちは、父方の実家が日蓮宗、母方が神道、妹が無神論者ですので、明からさまにカトリック色を出すと嫌がられるものの、特にこうと言う決まりごとはないので、四十九日等はない(カトリックでは一ヶ月後に祭儀を行うらしい…;しかし、先々週末は体調優れず、先週末は大阪で無理でした)のですが、在俗者会からおミサ代として「お花料」も戴いていますので、そろそろまた、おミサをお願いしようかな… と考えているところです。

以上、取り急ぎ、お知らせまで。

February 16, 2006

あちこちに、RFID

今日(日付変わって、既に昨日)のテレビのニュースで、無線ICタグを使った仮想メーク実験について報道されていましたけれど、 その話も含めて、国内外でのRFID関連情報満載のサイトは、コチラ

 

ユーロ紙幣よ、お前もか…

ところで、先に投稿した記事「【現代社会と霊性】2.ICチップで「守られる」時代」中で紹介した記事:
体内にチップを埋め込み、便利なキャッシュレス購入を2003年11月25日付 HOTWIRED JAPAN
の中で「キリスト教原理主義者の一部」として言及されているゲリー・ウォルシャイド氏の運営する『ジーズ・ラスト・デイズ・ミニストリーズ』というウェブサイトでは、

"Hitachi is rumored to be in talks with the European Central Bank about embedding radio tags into euro banknotes."
(日立は、ユーロ紙幣に無線発信チップを埋め込む件につき、欧州中央銀行と交渉に入っている、との噂だ)

とあったので、「…えっ、ホントに~!?」と調べてみたら、ありました(私って、ホント、ウラシマですねぇ…):

ユーロ紙幣が日立製ICチップを導入へ (2003年05月21日2時34分付 Slashdotスラッシュドット ジャパン)

偽造防止と言う名目のようですが。嫌だなぁ…。

【現代社会と霊性】2.ICチップで「守られる」時代

米国初、体に埋め込んだICタグで従業員を認証2006年2月14日付 HOTWIRED JAPAN

またまた、いよいよ来たか…、と言う感じですね。
911以降、過熱しているセキュリティ技術の応用に関連したテーマを、お財布ケータイの登場の時に書こう、 書こうと考えていたのですが、またもや、その為の良い?機会が与えられたようです。
 
…え、何が、…かって? 勿論、「666」(黙示録13:16-18)の時代ですよ。
 
16また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、 すべての者にその右手か額に刻印を押させた。17そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、 売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。18ここに知恵が必要である。賢い人は、 獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。(新共同訳)
 
黙示録をはじめ、聖書中の預言の内容は、書かれた時期に続く時代に実際に起きた出来事であると同時に、終末の時代、 主の再臨の前にも再び、実現する出来事であるとされています。
例えば、旧約聖書のヨエル書3:1-2(BC440年~400年頃)の
 
1その後
わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
あなたたちの息子や娘は預言し
老人は夢を見、若者は幻を見る。
2その日、わたしは
奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。
 
と言う箇所は、現代の聖霊刷新運動(プロテスタントのペンテコステ派等では、「カリスマ刷新」等と呼ばれているそうですが) のことを指している、と言われていますし、同じく旧約聖書のダニエル書9:25-27(BC520年頃)の
 
25これを知り、目覚めよ。
エルサレム復興と再建についての
御言葉が出されてから
油注がれた君の到来まで
七週あり、また、六十二週あって
危機のうちに広場と堀は再建される。
26その六十二週のあと油注がれた者は
不当に断たれ
都と聖所は
次に来る指導者の民によって荒らされる。
その終わりには洪水があり、
終わりまで戦いが続き
荒廃は避けられない。
27彼は一週の間、多くの者と同盟を固め
半週でいけにえと献げ物を廃止する。
憎むべきものの翼の上に荒廃をもたらすものが座す。
そしてついに、定められた破滅が荒廃の上に注がれる。
 
と言う箇所も、ダニエルが書いた時代より後の、セレウコス朝シリアのアンティオコスⅣ世エピファネス(在位BC175年-BC163年) の時代に起きた、旧約聖書続編マカバイ記の出来事のことを預言していると同時に、 主の再臨前である終末の時代=現代に再び実現する出来事であるとされています。
 
アメリカのセキュリティ関連企業が、志願した従業員の前腕に「入室カード」 として機能する信号は発しないICタグを埋め込んだとのことで、自らもICチップを埋め込んだCEO(最高経営責任者)は、 ICチップの有無と雇用とは関係ない旨言明していますが、このようなことが一般的になれば、そのうち、(現に、 クレジットカードを持っていることは、その人の経済的信用を証明するものとされているように)「危険でない人物」「信用のある人物」 =ICタグを埋め込んだ者、と同義になり、ICチップのない者は恐くて採用できない、と言う企業も現れるでしょう。
 
ICチップの人体埋め込みは、今回の米国民間企業による従業員への適用事例以前にも、記事中に「メキシコ検事局では、2004年に、 いわゆるRFID(Radio Frequency IDentification: 無線通信による識別技術)チップを一部の職員の体内に埋め込み、立ち入り制限区域への人の出入りを管理している」 と紹介されているように、行われていますし、
 
(他、HOTWIRED上に関連記事多数)と言ったように、徐々に市民社会に浸透してきている様子が伺えます。
既に、EdyカードやSUICAでの買い物や電車乗車はごく日常的になっていますし(私自身も両方共、使っています)、 こういったことに慣れて行ってしまう自分も恐いです。
「~が起きたら、引き際」と思っていては遅いのかも…。「ぬるま湯の中のカエル」と同じでしょうかね。

December 12, 2005

「カテゴリー」を改良しました

さてさて、このブログ「霊妙なる器 Vase Spirituale」も、あと3週間ほどで1周年を迎えます。で、ふと、左のサイドバーを見ると、「バックナンバー」のインデックスの数が10しか、なひ…。1年は12ヶ月あるのに…。これでは、「バックナンバー」のリストに表示されず、埋もれてしまって、検索しにくく、読みづらくなる記事が出て来てしまう…。

ところで、思いついた時についつい、追加してしまうココログの「カテゴリー」(=各記事の末尾に列挙されているテーマ区分)。勿論、新規設定前の記事や、Blogpetの「トン吉」が勝手に書いた記事等には付与されていません「でした」。これを、遡って、関連記事全部に「カテゴリー」付けしてみることで、特に【本日の福音】【読みかけ日記】【現代社会と霊性】と言ったシリーズものにアクセスしやすくなりました。また、「トン吉」を愛してくださる酔狂な方たちが、過去の「トン吉」の発言だけを拾い読みして楽しむこともできるようになりました。

そんな訳で、やたら数が増えてしまいましたが、いろいろな「カテゴリー」別に表示させてみて、お楽しみください。

July 06, 2005

【現代社会と霊性】1.神の創り給うたこの世界

人間の目の角膜に「前駆細胞」発見、修復治療に光 (2005年5月19日   読売新聞)

新しいコーナーを始めます。

2002年11月、長年(27年ほど)使っていたHOYAの酸素透過性ハードコンタクトレンズを、メニコンのメルスプランに変えました。会費制で、年に一度は新品のレンズに換えてもらえると言うのも、魅力的でした。

その時、コンタクトレンズを処方した眼科医から、ある衝撃的な宣告を受けました。「角膜の細胞がとても少なくなっている。週に3日はコンタクトを外して下さい。このままだと、将来、失明する恐れがあるし、年を取ってから白内障の手術をしようと思ってもできなくなる」と。

生命にはかかわらないものの、何だが取り返しの付かないことがこの身に進行していたことを知らされ、本当に目の前が真っ暗になったような気がしました。まぁ、ド近眼ではありますが、いつもどおりに、目は見えてはいても、モノの考え方が悲観的になりがちになりましたね。だって、いずれ目が見えなくなるかも知れないなんて…。コンタクトはこれまでも何度も作り変えてきましたが、こんなに大事なことを教えてもらったことはなかったのです。これも、ショックでした。もっと早く、せめて5年でも早く、警告されていたら…。長い寿命は望みませんが、視力のない人生はとても想像できません。

そうなると、けっこうナリの気になる方だった私も、これは一大事、と、コンタクトの代替として新しく作ったメガネばかりをかけて過ごすようになりました。メガネはフレームがある分、視野が狭くなるようで、また、絶えず、鼻の上でずれ動くので、しょっちゅう指で押し上げる、どことなく嫌味な癖が付いてしまいました。鼻に赤い跡ができるのも嫌ですね~。あまり度をきつくすると頭痛や目眩がすると言うので、わざと度を下げて、0.6程度しか、視力が出ないようにしたメガネです。焦点がまっすぐ視線の延長線上にやって来ないのも嫌だし、ズレるのが気になるものだから、何だかいつも、余計なところに注意力を奪われているような気がして、仕事でもケアレスミスが頻発するようになりました。その際、上司から「貴方のようなメガネをかけている人って、ミスが多いのよね」なんて言われることもありました。…おおお、何たる受難!

と、ある日、うちで購読している日経新聞を開くと、上のタイトルで紹介したのと同内容の記事が。その時、私の感じた気持ちが想像できるでしょうか? 実際にその技術が応用されて、私の角膜を再生してもらうのはそんなに近い日ではないかも知れないけれど、「諦めないでいい」と、希望の光が与えられたような心地がしました。これぞ、光明。これぞ、神様のご配慮くださった奇跡。

信仰の世界には、ルルドの泉での奇跡的な治癒だとか、いろいろな奇跡が起こっており、奇跡には、ルルドの水にしても、やれ、これは水の結晶がどうのこうの、超深層水と同じ構造になっているとか何とかかんとか、科学的に説明をつけようとする試みが付いて回るようです。

しかし、科学的に説明が付いたからと言って、それで奇跡で無くなる訳ではないんですね。たとえば、「処女懐胎」と言う神秘にしても、化学物質で未受精卵を発生させると言う具合に、「処女懐胎」と似たことを引き起こすことができると言うのをどこかで読んだことがありますが、科学の力で人間がこれまで不可能であったことを可能にしても、これまで人間には不可能であったのに「起きた」と言うその不思議さがなくなるものではない。

たとえ、私がルルドに巡礼に行って、ルルドの水で目を洗い、それで角膜が癒されたとして、それが医学的には何らかの化学的な作用が角膜の前駆細胞に働いたためだ、と説明されたとしても、そのようなお膳立てを、既に人間のDNAにその発祥の昔から仕込んでおいた神様はやっぱりスゴイ!と思えるのです。

無料ブログはココログ

My Twitter

  • Please Follow My Twitter!

このブログをリストに追加する?

本のご購入はこちらからどうぞ↓


  • Amazon.co.jp アソシエイト

積ん読本リスト

omajinai

  • ☆厄除けのおまじない☆
    games and softwares download ... what do you recommend?