December 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Clock

My Photo

Recent Trackbacks

Amazonお気に入り

My Favorite Goods

お薦めリンク

  • CGI版「聖ヨゼフへの射祷」入り口
  • 法令第1条!
    かねがね、法律系のブログを始めたいと思っていましたが、まずは、無理なく、各法令の目的が規定されていることの多い第1条をアタック!するブログを作ってみました。
  • Puppy under the Table - Vase Spirituale Annex - Raphaella's Diary
    私がGoogle系の「Blogger」サービスで書き始めて止めていた英語のブログです。トラックバック機能等が無く、使いにくかったので、ココログに引越しして来ました。でも、英語オンリーのOSからだと、文字化けしちゃいますよね~
  • U.S. Catholic Bishops - New American Bible
    全米カトリック司教協議会のサイトです。本日の聖書朗読箇所(英文)がカレンダーから検索できます。
  • and every eye shall see him
    海外のプロテスタント(セブンスデー・アドヴェンティスト派)のサイト「Bibleinfo.com」提供の作品でキリストの再臨と空中携挙を前面に押し出した内容ですが、アニメーションが秀逸です。泣けます!
    *註「携挙」 rapture。上記アニメは艱難後携挙説?に立つもののようですが、艱難前携挙説を採るプロテスタント・リバイバル派の方による「携挙」の説明はコチラ。カトリックの教義では、携挙がいつ・あるのか・ないのか、ちょっとはっきりしません。そんなことより、いつ主の再臨があってもいいように、いつも準備していることの方が大切だからでしょうか。
  • カトリックリンク集
    だいぶ更新が遅れていて、リンク切れも残っていますが、使える分だけでも提供したいと思います。何か、有用な情報がありましたら、作者(raphaella_@peace.nifty.jp)までご一報下さい。 (スパム防止の為、メアドを改変して公開しています。メールの際は、@の前のアンダーバー「_」を削除してください)
  • 聖務日課表示システム
    まだまだ不完全ですが、聖務日課(=「教会の祈り」)のペースメーカーに、どうぞ。デジタル時計付き(^_^;)

お気に入りブログ

  • ARCHIVES PINK MOZART

    PINK MOZARTがクラシックの名曲をDTMでユーモラス&ちょっとキッチュに、でも極めて優雅に調理したMP3FREE DOWNLOADサイト。RAVEL・DEBUSSY・SATIEなどフランス近代音楽中心のプログラムですがチャイコフスキーの弦楽セレナーデなどの泰西名曲も順次追加してゆきます。 PINK MOZART'S free mp3 Archives; Contents are mainly from LA MUSIQUE FRANCAISE MODERNE. with lot of wits, a bit of Kitschy, but Gracefully DTM processed mp3s by PINK MOZART.
  • ゆらりんさんの覆面時評

    主に映画やファッションサイトについての情報がメインのブログ
  • マジス(MAGIS)

    カトリック系ミッションスクールで教員をされていらっしゃるctさんのブログです。カトリック学校の使命についての論文も掲載されています。是非、お読みになって、共に福音宣教について祈り考えませんか?
  • アルツハイム

    「excite cinema」の謎のアニメのブログ
  • お礼状ブログ【運が開けるお礼状・大人のコミュニケーション塾 】

    ビジネスやお付き合いで不可欠なお礼状。最近では、メールでのお礼が多くなりましたが、それでも、手紙などのお礼状も良さも捨てがたい。 もらった人に 気持ちが上手く伝わるお礼状がテーマ。
  • フランス落書き帳

    フランス発信最近感じたこと、思ったこと、考えたこと、好きな音楽のことを日々綴る落書き帳 by hiraidenaoya
  • だめ夫タ診断士の日記/ウェブリブログ

    嫁さんをほったらかして、格ゲーを作りながら、中小企業診断士になった だめ夫タ診断士の日記です。
  • いなぽんの南カリフォルニア日記

    いなぽんこと、稲森謙太郎です。寂しい30代半ばの独身オジサンです。
  • 本の林に月の船

    本と映画とゲームと猫と。(ついでに仕事)
  • 手帳術の本棚

    手帳術に関する本を紹介していきます。
  • Art Grey

    生まれながらの鬱気質と医者による自律神経失調症診断という免罪符を手に、日々是優雅に怠けた生活を満喫している史上最低のクソ女房で御座います。

映画・テレビ

August 17, 2008

鉄の塊

鉄の塊
17年程前、トム・クランシー原作のジャック・ライアンもののひとつで、『レッド・オクトーバーを追え!』と言うショーン・コネリー主演映画があり、同じ潜水艦ものとして、その頃テレビで放映されたドイツ映画、ウルフガング・ペーターゼン監督作品の『Uボート』(Das Boot)にハマり、昔、大学の学園祭で観たのを思い出し、何度も何度も(涙ながらに)観たものですが…

今は同じ配役でドラマ版もスカパー!で放映されています。

更に、今夜、スカパー!のシネフィル・イマジカチャンネルで、ディレクターズ・カット版を放映してます…(/_;)(感涙)

February 22, 2008

そして、押井映画…2008!

もひとつ、ビッグなProduction I.Gネタで…

http://sky.crawlers.jp/index.html
↑公式サイト

『スカイ・クロラ』です。

森博嗣原作です。

読んだこと、ありません(爆)

(本屋で実物を手に取ってパラパラしてみて、「給料貰ったら、買うぞ〜」と心に誓っただけ…)

戦闘機パイロット函南の物語に、女性指揮官・草薙ってのが登場するらしいです。

楽しみです。

図書館戦争

http://www.toshokan-sensou.com/
(↑公式サイト)

http://mobile.fujitv.co.jp/i/mv/to...
(↑フジテレビ「ノイタミナ」『図書館戦争』携帯用リンク)

来ました、来ました、4月からのフジテレビ深夜アニメ「ノイタミナ」に、有川浩原作『図書館戦争』登場!!

図書館司書・有資格者にして攻殻機動隊ファンのわたくし、「こんなん、ありかよ~っ!?」と原作を楽しく(笑いながら)読みましたo(^-^)o

アニメになるのか~
制作は、攻殻のProduction I.G!!

私のイメージ的には、メカの無い『パトレイバー』ですかね〜(^_^;)

とにかく、闘うお姉さんの好きな向きには、熱〜い春になりそうですぅ〜☆

August 10, 2005

熊、クマ、くま…

世界遺産の知床がDVDになるのは、まだまだ当分先のことなので、「アニマル・プラネット」で熊関連の番組を探してみました。

8月12日 10:00 「やんちゃ子パンダ11頭・続」(なんか、クマじゃないかも…(^_^;))
同日 18:00 同
8月24日 10:00 「クマの訪問」
8月26日 21:00 「マレーグマの新天地を探して」
8月27日 22:00 「グリズリー」
翌日 2:00 同

24日・27日の番組は、かなり期待できそうです。=^ェ^=

(う〜ん、携帯からの投稿は、入力に時間がかかる…)

August 02, 2005

小熊物語の余韻としての『世界遺産 知床Ⅱ』

うーん、全編通して観たにもかかわらず、ときどき、好きなシーンなど早送り・巻き戻しして見ちゃいます。なんて(なんで)こんなにこの小熊ちゃんはかわいいんでしょうねぇ~、困ってしまうよ。
あの丸っこい、ホントにヌイグルミみたいな愛らしいシェイプゆえ? 小熊の、世界を知らないがゆえの無邪気さのせい? 物事を知らないために次のリアクションに転じる前に見せる「?」という一瞬の表情が、母性本能をくすぐるから? 人怖じもしない好奇心の旺盛さが人懐こさに見えるから? 20050521好奇心から時々、レッサーパンダの風太くん(写真右→)みたいに後ろ足立ちしますが、その姿もどこか人間の子みたいに見えるし。

日曜夜の『世界遺産 知床Ⅱ』を見るまでは、次のように考えていました。(ネタバレばっかり)
ジャン=ジャック・アノーが6年かけてこの『小熊物語』を撮ったとき、果たしてこの同じ一匹の小熊を追跡取材していたのかどうか知りませんが(冒頭と後半とで見比べてみると、小熊も成長して顔つきも変わっているし、同一の個体なのかどうか分からないけれど)、同一の個体なのだとすると、これは稀有な人生、いや熊の一生に違いない。
事故で母熊を失う熊は多く存在するかもしれないが、傷を舐めてやったことで赤の他人、いや他熊(親子ではないオスの熊)と固い絆を結んだこと、そのオス熊が、岩場での出来事で人間との対決を免れたこと(かつて自分の左肩を撃ったハンターを襲うのを止め、そのハンターが仲間の猟師の狙撃を阻止したこと)、それゆえに後半で再びひとりっきりになった小熊のピンチを救ったこと、お互い生き長らえることのできた熊同士、共に冬ごもりすることになったこと(実にアットホームなシーンですよね~、ここ…)、そういうことがたった一頭の小熊の身の上に起こるなんて、これは類いまれな熊ですよね。
そう、滅多にいない、奇跡的な危機脱出を果たして来たラッキーこの上ないこの小熊には、何か、後光が差しているに違いない!

しかし。『世界遺産 知床Ⅱ』です。かわいいです、日本のヒグマの子たちも。春が来て、冬眠の穴から初めて外界に出て、日差しがまぶしくて、お母さん熊に甘えて、兄弟たちとじゃれ合って、秋が来たら、よく脂の乗った秋鮭のご馳走をせっせせっせと頬張って…、別にこれと言って非凡なクマ生ではないかも知れないけど。「いのちの輝き」と言えばなんかキザですが、どの小熊くんも卓越してます!

神様、この小熊くんたちが私たちの目に愛らしく映るように、どうか、私たちひとりひとりが貴方の御目にも、この上なく愛らしく映りますように(信仰により、そうであると知ってはいますが)。

August 01, 2005

『tru CALLING』始まりましたね~

いやぁ、スカパー!でドラマを見るたび、FOXのサイトで『24』をチェックするたびに晒されていた 『トゥルー・コーリング(tru CALLING)』のCMで、「お、これは何やら『ミレニアム』みたいに、 死体に触れると事件発生当時のビジョンが見える話らしい…」と興味をそそられていたものです。(特別予告編ビデオは、こちらからどうぞ)

そして、昨日の日曜日、欠けた結末の穴埋めに、『トゥー・ブラザーズ』を探しにレンタルビデオ屋さんに寄ってみると、…何々?  キャンペーンでもやっているの? 『トゥルー・コーリング』のコーナーが出来ていて、おまけに床やら棚やら壁やら、 シールが貼られているんです。これは一体?

夜、『TVタロウ』をチェックして理解しました。なんと、テレビ東京系で放映開始です!(東京地区では平日・月~木12:30~13: 30;秋田、富山、宮城、静岡、名古屋、九州では週1回・深夜みたいです。詳細は、FOXのサイトをご覧下さい)
そりゃあ、金の取れるうちに貸しておかなきゃ!って気になりますよねー。

…ありゃりゃ、7月29日に DVDも発売開始になっているんですね~? じゃ、上の「金の取れるうちに…」理論は破綻したわ。じゃ、タイアップかな? テレビ、 見逃すとレンタルビデオで補おう!と考えますもんね、私の『トゥー・ブラザーズ』みたいに…。(あと、X Filesの718『 Brand X』もなんだけど…;これは見逃した、と言うより、CMをカットしようとして、間違えて、本編の一部を消しちゃったのね)

…それでは、これから毎日、「♪Somebody help me~」!

Continue reading "『tru CALLING』始まりましたね~" »

July 31, 2005

小熊物語、みました~

koguma
一昨日の深夜(昨日がたの未明)、民放でジャン=ジャック・アノーの映画『小熊物語』の放映がありました。深夜でもあり、父も寝ているので、録画して、サスペンスも終わった後に(うちの両親は、毎晩、サスペンスが欠かせないので)、家族揃っての鑑賞、となりました。

ジャン=ジャック・アノーと言えば、「あの」(←言うと思った?)『薔薇の名前』の巨匠ですよ~!

先々週には同じ監督で『トゥー・ブラザーズ』と言う、生き別れになった虎の兄弟の物語も放映されていましたが、こちらは、スカパー!の裏番組(たいてい、夜11時には何かしらドラマがありますよね…)の録画の為か、おしまいの10分ほどが録画されていなかった(CMカットの編集をしている最中に分かった)ので、まだ見ていないのですが(しょうがないので、レンタルで見ます)、私の友人も去年、劇場に見に行ってよかったと言っていたような気がします。

さて、『小熊物語』ですが、きちんと録画できるかどうか、始まりの部分だけ見張っていたんですが、放送予告の数分間の映像だけでもう、かわいい小熊の様子が、人のハートをわしづかみにする~! …あれあれあれあれっ、そんな、激流に流されちゃってぇ、もう~!、そんな崖をコロコロコロコロとまぁ転がって、お前は鞠かっ!自然は厳しいぜ、たくましく生きるんだよ!、と、大いに心残りのまま、床に就き、寝ても覚めても、「…あー、あの小熊、どうなっちゃったかなぁ~」といても立ってもいられなひ。

見終わって、まず母が一言、「いい映画だったね」。普段そんな類の感想は漏らさない母なので、よほど気に入ったのでしょう。(けっこう、動物ネタの話、好きだもんね)

いい映画だったのは、その通りだろうけど、しっかし、どうやって撮ったんだぁ~! 特に最後のシーン、どこにカメラを隠していたんだ!? 熊さんのおうちに上がり込んだんかっ!(…そう言えば、「♪ある~日、森の中~、熊さんに出会~った…」の歌じゃなくて、何だったっけ、熊さんの留守中に上がり込んだ少女が、勝手に飲み食いした挙句、小熊の椅子とか壊しちゃって、ふてぶてしく寝てた、って民話があったと思いますが、それと逆のこと、してたなぁ…)

…そうそう、観ていない妹の為に、多少、ネタばれありですが、説明を:
まず、これはハッピーエンドです。これは確実に言えます。
人間は一人も死にません。だから、まず安心して観ていられます。
主人公の熊側(?)も、大方は(?)、死にません。
命を落とすのは、蜜蜂多数、熊1頭(=小熊は映画冒頭で母熊が死に、みなしごになってしまうので)、馬1頭、鮭3尾以上、鹿1頭、犬1匹…(鮭から鹿の辺りは、熊のお食事のお会計、って感じですが…)、ってなところでしょうか。突き放した描写とも言えますが、しかし、残虐さはありません。距離をおいて見守っている、って感じです。
途中、キノコの登場するシーンが2回ほどあります。(熊がキノコを喰らうので)が、まぁ………、全編に対する時間から言ったら、気にならない程度の時間です。(しかし、2回目のシーンは、けっこう見せ場だったりする)

…ま、そんなところでしょうか。(8月2日に続きあり)

March 28, 2005

昨今のガッカリ・ビックリ

久々にパソコンにカムバックです。当初、ドラマ『ツーハンマン』のように「I~'m ba~ck!」 と言って再開しようかとも考えていたのですが、もう手が滑ってしまい、機を逸してしまいました。次の機会にやってみたいと思います。

さて、一体、これから書く内容のどこが「ファッション・アクセサリ」で「経済・政治・国際」で「文化・芸術」なんだ!?っと、 我ながら呆れ返るところもなくはないのですが、最近、「え゛え゛え゛~っ!?」とびっくりがっかり(…あ、タイトルと順序が違う…) したことを書いてみます。まぁ、多少は「消費生活」という意味で「経済・政治・国際」に、「サブカルチャー」という意味で「文化・芸術」に、 引っかかるかもしれません。

まず一つ目。スカパーについて。チャンネルが何百もあります。いいですねー、とってもいい。<font size=+2>しか~しっ!</font>裏番組は見れません。「特定の時刻にひとつのテレビモニターに映せる番組はひとつだけなんだから、当たり前だろ」 と言われれば当たり前ですが、しかし、裏録画というものがあるじゃないですか、世の中には。地上波を録画しながら、 BSを見、あるいはDVDを鑑賞する、と言うことはできますし、地上波orBSorスカパーの3つのうちから2つ選ぶ「組み合わせ」 (高校数学でやりましたね~。
3Π2 = 3×2 / 2×1 = 3×1 = 3通り
です)での2チャンネル同時録画はできます。しかし、スカパーのチャンネルを同時に2チャンネル以上受信することはできない。 それをするには、もう一式、アンテナとチューナーのセットを手に入れて、お皿を取り付け、チューナーをビデオに接続しないといけないのです。 BSとCSの2枚お皿を壁に貼り付けているおうちもあるでしょうが、しかし、小さな家にお皿が何枚もとなると、 あやしい諜報部員が情報収集でもしている秘密基地のようです。
まぁ、もっとも、くどい位再放送がありますし、そんなに録画してしこたま溜め込んでも見てる時間なんて無いんですけどね…。(でも、連休とかにまとめて見たい、 と考えるかもしれないじゃないですか…)

二つ目。フジパンについて。今年も始まりました、春のキャンペーン。今年は何がもらえるのでしょう、うきうき。え、 キャリーバックですか? ん??? 抽~選っ!?  これではヤマザキ派の父の反対世論を抑え込むのが困難になる。今のところ、父の「ヤマザキ」 コールは圧殺していますが、それもいつまでもつか…(非情な娘)。

February 23, 2005

すかぱ~再び

なんと、「スカパー!受信セットプレゼントキャンペーン」なるものに再び当選してしまひました。

最初、母より「当選の封筒が来ている」と告げられた時は、 既に加入を済ませているキャンペーンのどっかに紛れていた関連書類が出てきただけなんだろう、「来ている」と言うのは母の勘違い…、 と思いきや、やはり未開封の状態でうちのポストに入っていたと言うのは紛れもない事実であるし、現に、 私がさんざん色塗ったり線引いたり電話番号をメモしたりしてクシャクシャになった奴ではなく、未開封のまっさらな封筒が、ここに、ある。 先に当選したのとは別のチャンネル名義になっている。
ええええー、そんなにいろいろ応募してたっけ~っ!?と、自分の記憶のなさに目眩いがしそうになりながら、 己れの無節操なネットサーフィンと、見境いのない懸賞応募に恥じ入った(でも、お姉ちゃんはいつかデジカメ当てるよ、待ってておくれ、妹よ~\(^o^)/ )、…のはさておき、やはり人間、「二度あることは三度ある」じゃなくて(だいたい、二度あろうが三度あろうが、 一度でもスカパーに加入していたことがある人は当選プレゼント受取りの対象外なのだ)、「二度あるコトは裏があると思え」、 何か私の知らないところで世の中が動いているに違いない…と、私のゴーストが、…じゃなくて、嗅覚が働くのであつた。

そう言えば。この前、有楽町のSofmapに言った時、「このDVDレコーダー付きVTR購入と同時加入なら受信セットが1,500円!」 とか書いてあったっけ。何なのだ、どうしたのだ、何が起こっているのだ、スカパー!この異様な販促は!? …いや、 異様と言うのは口が滑った。携帯だって、 基本使用料とパケット通信代で稼ぐためにリベート付けて電話機本体は無料にして顧客数を増やしているではないか。スカパー!だって、 高価な受信セットが加入の障害となっているのならそちらはもうタダ同然にしてしまって、とにかく視聴してもらって、月々の受信料で儲けよう、 と言うのがまっとうなビジネスだろう。なら、同じインセンティブを利用した同様なキャンペーンが他にもあるはずだ。
んで、Googleで検索してみましたところ、「スカパー!受信 アンテナ チューナー セット プレゼント キャンペーン 2005 -"加入しました" -"BS" -"当たった"」の検索条件で約143件!うわぁ~、大々的にやってるなぁ、なんか、もうスカパー! の主たるチャンネルは皆、やってるんじゃないか~? 今までCSに興味がありながらあの受信セット購入で二の足踏んでた皆さん、 チャンスですよ~!「でも、キャンペーンであって、当選しなくちゃならないんでしょー、そう言うの当たらないんだよね~」と言う貴方、 私が当選した奴は「1,000名」でした。しかも、他にも同様なキャンペーンが100近くある。10万名様なら当たるんじゃない?  そもそもそんなにたくさん、CSに新規加入したい人っているんだろうか???

それにしても、ここで終わらないのがこのブログだ、何せ中小企業診断士なんだから、もう少し、 この背景に動いている競争状況(競合状況)について考えてみたい(心なしか、 文体が微妙に変わる(^_^;))。実は、スカパー以外にも最近気になる販促DMはあった。それは、 第3世代携帯電話(もう携帯でテレビが見れちゃったりする時代だ)の奴と、光ファイバー・ブロードバンドの数社、それから、 うちの近所のケーブルテレビ。これらに共通するものは何だろう?
(なんて書くのは親切過ぎ? )今私が使っている24MbpsのADSLでもあまりストレスなく、アニメ『ケロロ軍曹』なんてPPVできちゃうのだが、それが光ファイバーとなったら、 もう水道の栓をひねるが如く「あって当然」な感覚になるのかも。 「またいつか見たくなるかも知れないから録画してとっておこう」って言う気にすらなれないほど、いつでもオンデマンドで鑑賞できるのであれば、わざわざTSUTAYAに行って、 狭い通路を怖いニーチャンとすれ違いながら見たいビデオを探し、重たい思いしながら(え、そんなにいちどきには借りないって?) カウンターの前に並ばなくてもいいし、会社帰りの寒い夜に疲れた足を引きずって返却のために遠回りして帰らなくても済んじゃう訳で、 それはそれは楽チンだ。しかも、うちの近所のTSUTAYAの店舗に必ずしも見たい作品がある訳じゃない(小さいから仕方ないけど)。

そして、本日の御題であるスカパー!を振り返ってみても、スカパーも必ずしもリアルタイム・オンデマンドと言う訳ではない。 その辺努力して手を変え品を換え、じゃなくて、いろんな時間帯に分散して再放送を繰り返してはいるけれど、 「こんな時間、日中働いてたら見れないじゃん! 」と思わず頭に血が上ることもしばしばだ。1チャンネルしかないWOWOWほどじゃないけど、 ブロードバンドのオンデマンドを知ってしまったら、ちょっと不便さが鼻に付くに違いない。…だから、
旋風の吹き出している今こそは、スカパー!の生き残りを賭けた戦いの時期なのかも知れない。

February 21, 2005

「パッション」再び

passionアメリカでは昨年の四旬節と共に公開されたのに関わらず、日本では翻訳のせいか、季節的には聖霊降臨~と言う5月まで待たされた映画『パッション The Passion of the Christ』ですが、昨年12月23日のDVD発売後、ここに来て(四旬節だから?)、俄然、話題を呼んでいるようです。映画『パッション』について語られているサイトを集めてみました。(ブログばかりではない上に、これだけ多いと、とてもトラックバックし切れません~)

映画パッションの解読 メル・ギブソン監督
http://www.kabasawa.jp/eiga/other_films/2004/passion/passion.htm
 ※映画『パッション』について徹底的に解読されているサイト(メルマガ?)。勉強になりました。

無料ブログはココログ

My Twitter

  • Please Follow My Twitter!

このブログをリストに追加する?

本のご購入はこちらからどうぞ↓


  • Amazon.co.jp アソシエイト

積ん読本リスト

omajinai

  • ☆厄除けのおまじない☆
    games and softwares download ... what do you recommend?