December 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Clock

My Photo

Recent Trackbacks

Amazonお気に入り

My Favorite Goods

お薦めリンク

  • CGI版「聖ヨゼフへの射祷」入り口
  • 法令第1条!
    かねがね、法律系のブログを始めたいと思っていましたが、まずは、無理なく、各法令の目的が規定されていることの多い第1条をアタック!するブログを作ってみました。
  • Puppy under the Table - Vase Spirituale Annex - Raphaella's Diary
    私がGoogle系の「Blogger」サービスで書き始めて止めていた英語のブログです。トラックバック機能等が無く、使いにくかったので、ココログに引越しして来ました。でも、英語オンリーのOSからだと、文字化けしちゃいますよね~
  • U.S. Catholic Bishops - New American Bible
    全米カトリック司教協議会のサイトです。本日の聖書朗読箇所(英文)がカレンダーから検索できます。
  • and every eye shall see him
    海外のプロテスタント(セブンスデー・アドヴェンティスト派)のサイト「Bibleinfo.com」提供の作品でキリストの再臨と空中携挙を前面に押し出した内容ですが、アニメーションが秀逸です。泣けます!
    *註「携挙」 rapture。上記アニメは艱難後携挙説?に立つもののようですが、艱難前携挙説を採るプロテスタント・リバイバル派の方による「携挙」の説明はコチラ。カトリックの教義では、携挙がいつ・あるのか・ないのか、ちょっとはっきりしません。そんなことより、いつ主の再臨があってもいいように、いつも準備していることの方が大切だからでしょうか。
  • カトリックリンク集
    だいぶ更新が遅れていて、リンク切れも残っていますが、使える分だけでも提供したいと思います。何か、有用な情報がありましたら、作者(raphaella_@peace.nifty.jp)までご一報下さい。 (スパム防止の為、メアドを改変して公開しています。メールの際は、@の前のアンダーバー「_」を削除してください)
  • 聖務日課表示システム
    まだまだ不完全ですが、聖務日課(=「教会の祈り」)のペースメーカーに、どうぞ。デジタル時計付き(^_^;)

お気に入りブログ

  • ARCHIVES PINK MOZART

    PINK MOZARTがクラシックの名曲をDTMでユーモラス&ちょっとキッチュに、でも極めて優雅に調理したMP3FREE DOWNLOADサイト。RAVEL・DEBUSSY・SATIEなどフランス近代音楽中心のプログラムですがチャイコフスキーの弦楽セレナーデなどの泰西名曲も順次追加してゆきます。 PINK MOZART'S free mp3 Archives; Contents are mainly from LA MUSIQUE FRANCAISE MODERNE. with lot of wits, a bit of Kitschy, but Gracefully DTM processed mp3s by PINK MOZART.
  • ゆらりんさんの覆面時評

    主に映画やファッションサイトについての情報がメインのブログ
  • マジス(MAGIS)

    カトリック系ミッションスクールで教員をされていらっしゃるctさんのブログです。カトリック学校の使命についての論文も掲載されています。是非、お読みになって、共に福音宣教について祈り考えませんか?
  • アルツハイム

    「excite cinema」の謎のアニメのブログ
  • お礼状ブログ【運が開けるお礼状・大人のコミュニケーション塾 】

    ビジネスやお付き合いで不可欠なお礼状。最近では、メールでのお礼が多くなりましたが、それでも、手紙などのお礼状も良さも捨てがたい。 もらった人に 気持ちが上手く伝わるお礼状がテーマ。
  • フランス落書き帳

    フランス発信最近感じたこと、思ったこと、考えたこと、好きな音楽のことを日々綴る落書き帳 by hiraidenaoya
  • だめ夫タ診断士の日記/ウェブリブログ

    嫁さんをほったらかして、格ゲーを作りながら、中小企業診断士になった だめ夫タ診断士の日記です。
  • いなぽんの南カリフォルニア日記

    いなぽんこと、稲森謙太郎です。寂しい30代半ばの独身オジサンです。
  • 本の林に月の船

    本と映画とゲームと猫と。(ついでに仕事)
  • 手帳術の本棚

    手帳術に関する本を紹介していきます。
  • Art Grey

    生まれながらの鬱気質と医者による自律神経失調症診断という免罪符を手に、日々是優雅に怠けた生活を満喫している史上最低のクソ女房で御座います。

おすすめサイト

February 10, 2006

衛星写真でズーム・アップ!

今日は、他にも発見したことがあるのです。

Googleのマップで、任意の住所をサテライト表示(衛星から見た写真表示)できることは、以前から知っていたのですが(ですから、タイムラグがあるとは言え、おいそれと気安く出かけられないような、例えば京都のような場所でも、様子をみることができるのですが)、そのズームの度合いが場所によって全然、違うことが分かったのです。

例えば、横浜周辺は、ズーム最大はできず、2番目まで、京都は3番目までで、妹のいるカリフォルニア州北部・ベイエリアは、なんと最大限ズーム可能で、もう、庭に出て手を振ってもらおうかと思ったほどです。

しかし、地球観測衛星のサイト
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/kids/cont_02_1.html
によると、

「地球観測衛星は、地球を南北方向に、1秒間におよそ7kmという地上では考えられない速度で飛行します。
一周におよそ100分かかるため、地球の自転のえいきょうで、もどってきた時には、前の周とは別の場所を観測することになります。
一日で十数周まわり、何日か後には、また同じ時間に同じ場所を観測できる仕組みになっています。」

とのことですから、妹に手を振ってもらったところで、私がGoogle上で目撃できる確率は…(^_^;)

それにしても、科学技術の進歩って、凄いですね~(恐ろしくもあり…)

January 24, 2006

CGI版『聖ヨゼフへの射祷』への入り口

URLの直接入力ではなく、BIGLOBE以外のWebページ上のリンクから飛べるよう、玄関ページを作りました。

こちら ←から、どうぞお入り下さいまし~(なんだか、「こちら」ばっかりあって、オリエンテーリングみたいですが…(^_^;))

QRコードも作ってみました。
携帯(auではうまく表示できないみたいですが…;「京ぽん」=エッジ等、QRコードリーダの付いていない携帯機種からは、コチラを参照のこと)からの↓アクセスを試みてみたい方はどうぞ。qr_st_joseph

January 14, 2006

Wiki、始めました~

自前のCGIが設置可能だったので、@ニフティの「@ホームページ」で 「ラファエラ姉さんのWikiページ」を始めました。

「Wiki」って何?、と言う疑問に答えるのは難しいので、リンクを辿って見てください。

それにしても、このような地味なネットインフラ(私が使わせていただいたのは、「YukiWiki」と言うCGIですが) をコツコツと開発・整備されていらっしゃるプログラマの皆様方のご苦労・努力には、頭が下がります…

@ニフティの他には、インフォシークでも、自前のCGIが設置可能みたいです。やってみたい方は、「YukiWiki」の開発者・ 結城浩さんのサイト「YukiWiki」 をご覧下さい。

この結城さんのサイトをひと目見ただけで判ります(^_^;)が、この方、クリスチャンです(プロテスタントだそうですが)。 「あなたのために、祈ります」 と言うページもなかなか、素敵です。教会は違えども、このような熱心な方がいらっしゃることを知ると、とても元気が出て来ます。

December 30, 2005

こんな記事、みっけ!「フリーソフトウェアとカトリック教義の驚くべき共通点」

ネットサーフィンで思いがけず、↓こんなサイトを見つけました。
フリーソフトウェアとカトリック教義の驚くべき共通点(ITmedia エンタープライズ)

先ほども、年賀状(…この期に及んで…(^_^;))やら、Webのデザインやらの為に、無料の画像処理ソフトをダウンロード・ インストールしたところです。今、この原稿を書いているのも、「ubicast Blogger」 と言うフリーウェアです。もう、私のパソコンライフとフリーソフトウェアとは、切っても切れません。で、「ん、何、何?」 と読み始めたのですが…。

タイトルの、いきなり「カトリック教義」と言うのにも、カトリック信者が国民の0.3パーセントと言う日本社会において、 あまりにも温度差があってぶっ飛びましたが、いかにも翻訳記事と言った感じで、一体、どう言った立場から書かれた記事なのか (宣教師を応援する立場? フリーソフトウェアの「代名詞」とも言えるGNU文化?運動?を賞賛する立場?;多分、後者)、 文脈が把握しにくいものがありました。「正しい技術を選ぶだけで共通善が達成されるというものではないが、それを選ぶことは、 少なくとも正しい方向への必要な1歩である」と、教会に提言までしちゃってるけど。

「1私企業の生死によって存在が左右されるようなフォーマットも使うべきではなかろう。」確かにそうかも。でも、 使っていけないものでもないのでは。(Microsoftは当分、なくなりそうにないし…)
Openなシステムやアプリケーションには、例えば、BSD(Unix系OS;開発には日本人も多数参加している) やOpenOffice.org(無料の、 Microsoft Office互換ワープロ、表計算、プレゼンテーションのパッケージ)等がありますし、私も蔭ながら応援しています (本当に蔭ながら;だって、何も貢献してないし、ただ応援しているだけだから)が、では、普段から、 自分のチョイスとして自分が賛同しているOpenなシステムやパッケージを率先して使っているか、と言うと、全然。 (マシンリソースが貧弱だから、と言うのもあるけれど)Window3.1の「裏」に入れたFreeBSDは、 使うのは楽しいかもしれないけれど、やはり、普段モードのWindowsからリブートして使うには、地球脱出速度に近い「勢い」 が要るし(^_^;)、メールが読みたくなったら使い慣れたBecky!(…は、Windows95以降でないと使えませんが… )を起動したくなってしまう。いくら「互換」とは言っても、 OpenOffice.orgは、やはりWordやExcel、 PowerPointではないので、微妙な使い勝手の違いが気になってしまう。どうしても、と言う時には使わざるを得ないだろうけれど…。 (実際、私と組版システムTeXとの出会いも、 修論提出直前にヴァージョンアップした一太郎がおかしくなったから、だからだし…)

「『正しい技術』は、必ずしもデファクト・スタンダードではない(から、使いにくいよ)」と言う考え方は、「狭き門から入れ」 と言う考え方を先鋭化させる原理主義的な人からは糾弾されそうだけれど(^_^;)、別に「大樹に巻かれよ」と言うのではなくて、 「異邦人を手に入れる為に異邦人のようになった」と言う聖パウロの道もある訳で、それこそ、 普遍の教会としてのカトリック教会は様々なバックグラウンドの国・民族・地域・階層に広がりゆくべきものなのだから、ことさら「正しい技術! 正しい技術!」と大義名分を振りかざして、「正しくない技術」を排斥する必要もないような気がします(勿論、その技術を利用することで、 罪を犯すことになるような技術は駄目ですよー)。「正しさ」の追求は、神の十戒のような基準、あるいは、聖パウロの「愛」の基準 (1コリント書13:1-13)のようなものがなければ、容易に人間疎外のイデオロギーに転化するもんですし。

ま、MicrosoftやNTT DoCoMo(のiモード;私は解約しちゃったけど)がなくなったら、 オルタナティブな技術へとさらりと翻身するだけのしたたかさくらい、教会、ないし、信者にはあると思いますけどね。

December 14, 2005

ヨゼフ様と一緒

いやあ、実は12月14日は、カルメル会の聖人「十字架の聖ヨハネ」の記念日なんですが、昨日、サンパウロのオンラインショップ(いやぁ、ネットでこんな買い物ができるなんて、ホント、便利になったものです)に注文していた「聖ヨゼフと少年キリスト」像が届きまして、今日のおミサの後、神父様にその祝別をしていただいたので、こんなタイトルになっとりますです。

聖ヨゼフ様は、聖家族を(幼児虐殺を命じたヘロデ王等からの)迫害から守り抜き、聖母を支え、少年イエスに愛を以って教育を施し、救い主としてのイエスの活躍も、ご受難とご復活の栄光をも見ることなく、謙遜の極みである沈黙のうちにこの地上での生涯を終えられたのですが、カトリック教会では、この聖ヨゼフ様を、力強い教会の保護者にして、家庭の保護者、勤労の保護者として、聖母マリア様に次いで、大切に崇敬しています。

私も、かねがね、頭では、ヨゼフ様を大事にしないとなぁ…、と思っていたのですが、最近、それがフッと合点の行くような腑に落ちる落ち方をしたと言うか、ちょっと日本語がへんてこりんですが、ま、ちょっとしたきっかけで崇敬の念を強くした訳です。

で、これからいつも、どこへ行くにも、ヨゼフ様と一緒!、なのです。

Continue reading "ヨゼフ様と一緒" »

July 24, 2005

夏物ファンデ

…「ファンデ」と申しましても、下着のファンデーションのことではありませぬ。メーキャップの方でございます。

いやぁ、夜は伯母の米寿祝いのパーティだと言うので、かねてより目を着けていた夏用のファンデーションを試してみたい、と、教会の朝ミサの帰り、途中下車して買って来たんですよ、A社の奴を。

「@コスメ」と言う化粧品口コミサイトには(読むと面白いよ~)、「よれる」「ドロドロになった」「帰りまでもたない」とさんざんな感想も載っていましたが、私ぁ、こういうものは、絶賛も罵詈雑言もそれぞれ話半分にしか信用しないので、ま、化粧品カウンターで実際に塗ってもらって(顔の半分はそのパウダーファンデだけ、もう半分には専用の化粧下地と一緒に)、使い心地も試してから購入。こういうものは、プロのスタッフさんの手さばきと言いますか、力の入れ加減も見ておかないと、自己流は失敗の元ですからね。

結局、お店で塗ってもらったそのまんまの顔でパーティに出席。換装、いや、乾燥したな、と思ったら携帯用の霧吹きローションでシュッシュッと水分補給して、ちょこっと化粧直ししただけで、帰りまで綺麗でした。ホクホク。

…しかし。ケースの色が写真と違~う! 写真では綺麗で涼やかな緑色だったのに~! 何なの、この無味乾燥なアルミの携帯電話みたいな色は…!?

June 22, 2005

Timebook Town

SonyのLIBRIe端末やパソコン上でのLIBRIeソフトで読めるe-bookを集めた「Timebook Town」 に入会しました。市販の本を買うより安く(210~420円位)ダウンロードした本は、2ヶ月間、読めます。
キャンペーンをやっていたので、毎月5冊の本が定額(6月までは630円、7月からは通常通り、1050円=一冊あたり210円) でダウンロードできるオプションの、「ビジネスプラス」と言うクラブにも追加で入会。早速、本田健・著『きっと、よくなる!』 他4冊をダウンロード。この本は、購読しているメルマガ(西沢知樹さん発行の「ビジネス・アーティスト~仕事をドラマに変える秘訣」 )で教わったものです。

もうすぐ月が変わり、また新たに5冊ダウンロードできるようになるので、楽しみですが、果たして、 そんなにたくさん読み終えるのでしょうか…?

February 23, 2005

すかぱ~再び

なんと、「スカパー!受信セットプレゼントキャンペーン」なるものに再び当選してしまひました。

最初、母より「当選の封筒が来ている」と告げられた時は、 既に加入を済ませているキャンペーンのどっかに紛れていた関連書類が出てきただけなんだろう、「来ている」と言うのは母の勘違い…、 と思いきや、やはり未開封の状態でうちのポストに入っていたと言うのは紛れもない事実であるし、現に、 私がさんざん色塗ったり線引いたり電話番号をメモしたりしてクシャクシャになった奴ではなく、未開封のまっさらな封筒が、ここに、ある。 先に当選したのとは別のチャンネル名義になっている。
ええええー、そんなにいろいろ応募してたっけ~っ!?と、自分の記憶のなさに目眩いがしそうになりながら、 己れの無節操なネットサーフィンと、見境いのない懸賞応募に恥じ入った(でも、お姉ちゃんはいつかデジカメ当てるよ、待ってておくれ、妹よ~\(^o^)/ )、…のはさておき、やはり人間、「二度あることは三度ある」じゃなくて(だいたい、二度あろうが三度あろうが、 一度でもスカパーに加入していたことがある人は当選プレゼント受取りの対象外なのだ)、「二度あるコトは裏があると思え」、 何か私の知らないところで世の中が動いているに違いない…と、私のゴーストが、…じゃなくて、嗅覚が働くのであつた。

そう言えば。この前、有楽町のSofmapに言った時、「このDVDレコーダー付きVTR購入と同時加入なら受信セットが1,500円!」 とか書いてあったっけ。何なのだ、どうしたのだ、何が起こっているのだ、スカパー!この異様な販促は!? …いや、 異様と言うのは口が滑った。携帯だって、 基本使用料とパケット通信代で稼ぐためにリベート付けて電話機本体は無料にして顧客数を増やしているではないか。スカパー!だって、 高価な受信セットが加入の障害となっているのならそちらはもうタダ同然にしてしまって、とにかく視聴してもらって、月々の受信料で儲けよう、 と言うのがまっとうなビジネスだろう。なら、同じインセンティブを利用した同様なキャンペーンが他にもあるはずだ。
んで、Googleで検索してみましたところ、「スカパー!受信 アンテナ チューナー セット プレゼント キャンペーン 2005 -"加入しました" -"BS" -"当たった"」の検索条件で約143件!うわぁ~、大々的にやってるなぁ、なんか、もうスカパー! の主たるチャンネルは皆、やってるんじゃないか~? 今までCSに興味がありながらあの受信セット購入で二の足踏んでた皆さん、 チャンスですよ~!「でも、キャンペーンであって、当選しなくちゃならないんでしょー、そう言うの当たらないんだよね~」と言う貴方、 私が当選した奴は「1,000名」でした。しかも、他にも同様なキャンペーンが100近くある。10万名様なら当たるんじゃない?  そもそもそんなにたくさん、CSに新規加入したい人っているんだろうか???

それにしても、ここで終わらないのがこのブログだ、何せ中小企業診断士なんだから、もう少し、 この背景に動いている競争状況(競合状況)について考えてみたい(心なしか、 文体が微妙に変わる(^_^;))。実は、スカパー以外にも最近気になる販促DMはあった。それは、 第3世代携帯電話(もう携帯でテレビが見れちゃったりする時代だ)の奴と、光ファイバー・ブロードバンドの数社、それから、 うちの近所のケーブルテレビ。これらに共通するものは何だろう?
(なんて書くのは親切過ぎ? )今私が使っている24MbpsのADSLでもあまりストレスなく、アニメ『ケロロ軍曹』なんてPPVできちゃうのだが、それが光ファイバーとなったら、 もう水道の栓をひねるが如く「あって当然」な感覚になるのかも。 「またいつか見たくなるかも知れないから録画してとっておこう」って言う気にすらなれないほど、いつでもオンデマンドで鑑賞できるのであれば、わざわざTSUTAYAに行って、 狭い通路を怖いニーチャンとすれ違いながら見たいビデオを探し、重たい思いしながら(え、そんなにいちどきには借りないって?) カウンターの前に並ばなくてもいいし、会社帰りの寒い夜に疲れた足を引きずって返却のために遠回りして帰らなくても済んじゃう訳で、 それはそれは楽チンだ。しかも、うちの近所のTSUTAYAの店舗に必ずしも見たい作品がある訳じゃない(小さいから仕方ないけど)。

そして、本日の御題であるスカパー!を振り返ってみても、スカパーも必ずしもリアルタイム・オンデマンドと言う訳ではない。 その辺努力して手を変え品を換え、じゃなくて、いろんな時間帯に分散して再放送を繰り返してはいるけれど、 「こんな時間、日中働いてたら見れないじゃん! 」と思わず頭に血が上ることもしばしばだ。1チャンネルしかないWOWOWほどじゃないけど、 ブロードバンドのオンデマンドを知ってしまったら、ちょっと不便さが鼻に付くに違いない。…だから、
旋風の吹き出している今こそは、スカパー!の生き残りを賭けた戦いの時期なのかも知れない。

February 01, 2005

Amazonアフィリエイト、始めました!

ども、皆さん、こんばんわ、…ってもう3時ですが。 しかし、とうとう2月になってしまいました。

…てな訳で、ココログ契約を「プラス」にグレードアップし、Amazonのアフィリエイト、始めました~。
右んとこの「積ん読本リスト」のとこですね。なんと、このリンクを辿って行けば、本がアマゾンでインターネットショッピングできるようになってます。

ホントは、ヒューレット・パッカードのアフィリエイト、やりたかったんですけどねぇ…(一件一件の額も大きいし…)。
(^_^;)

Continue reading "Amazonアフィリエイト、始めました!" »

無料ブログはココログ

My Twitter

  • Please Follow My Twitter!

このブログをリストに追加する?

本のご購入はこちらからどうぞ↓


  • Amazon.co.jp アソシエイト

積ん読本リスト

omajinai

  • ☆厄除けのおまじない☆
    games and softwares download ... what do you recommend?